費用の20%がキャッシュバックされるオンライン英会話とは!?

クラウティ

最近ケータイやインターネットのプロバイダーなどを契約するにあたって、キャッシュバックのキャンペーンなどが多いですよね。

学校などのスクールでキャッシュバックというとあまり馴染みはないですが
今回ご紹介するのは、国の制度を活用したキャッシュバック制度です。

ぜひオンライン英会話のスクール選びの参考の材料にしてくださいね。

なぜキャッシュバックが受けられるのか?

キャッシュバック

なぜキャッシュバックが受けられるのかというと、

その仕組みは

国の制度である【教育訓練給付制度を活用し、教育訓練給付金をもらう】ことで実現できます。

この仕組みを知っているかいないかで20%ものキャッシュバックを受けれないのは大変もったいないですよね。

そしてこのサイトの主題である「オンライン英会話」に関しても対象となる講座があるのです!!
ぜひこの制度を活用してお得に英語を習得してくださいね。

教育訓練給付制度とはどんな制度なのか?

教育訓練給付制度とは働く人達がスキルアップを図ることで
失業を回避したり高い生産性のある仕事をできるようになるのをバックアップする制度です。

サポート

雇用保険が財源となっています。
会社員であれば毎月雇用保険料が給料から天引きされていると思います。

雇用保険と聞くと大抵は、失業したに受け取れるものだと思っている方が多いと思います。
しかし雇用保険は働いている人も受けられるのです。

教育訓練給付金がその中の一部でして、働きながら国の指定の講座を修了することで国からお金をもらえるのです。

一般教育訓練給付金

教育訓練給付制度は2つの給付金に別れています。

ひとつは一般教育給付金でもうひとつは専門実践訓練給付金です。

主にオンライン英会話の講座は一般訓練給付金が対象なので
ここからは一般教育訓練給付金について記載していきます。

一般訓練給付金がもらえるのはどんな人?

まず大前提として、厚生労働大臣が指定する、一般訓練給付金の対象となる講座を修了しなければなりません。
途中でドロップアウトしてしまった場合は当然ですがもらうことはできませんのでご注意を!

講座

そしてそもそも対象となるのは、

講座の開始日の時点で1年以上雇用保険に加入しいる人です。
ただし、申請が2回目以降の人は3年以上加入していなければなりません。

雇用保険に加入はしていたが、すでに会社を退職してしまった・・・
という人もまだ諦めるのは早いです!

すでに退職して雇用保険の被保険者でなくなってしまっていても、
退職日の翌日から一年以内であれば支給対象となります。

もらえる金額は?

費用

支払った費用の20%が戻ってきます。
ただし10万円がMAXでもらえる金額です。

支払った費用とは、入学金と受講料の合計です。(最大1年分の)

さらに、キャリアコンサルティングを受けてみたい人には朗報があります!
講座を受ける前に(1年以内)にキャリアコンサルタントと面談した場合はその費用が2万円まで、教育訓練費用として加算してもできるんです!

キャリアカウンセリング

自分に向いている職業がわからない、といった人はぜひ活用してみてください。

一般訓練給付金の申請方法について

手続きはどんなことが必要か?

手続きには受講終了後に管轄のハローワークに本人が行って申請します。

注意点として、受講終了後の1っか月以内に申請に行かないといけないので気を付けてください。

手続きに必要な書類は何がある?

書類

必要書類を下記に書き出します。

教育訓練給付金支給申請書
受講した講座の学校が発行してくれます。

教育訓練終了証明証
こちらも学校が修了と認定した場合に発行されます。

領収証
入学金や受講料の支払った領収証は無くさないようにとっておきましょう

本人確認書類

マイナンバー

キャリアコンサルティングを受けた場合は領収証とキャリアコンサルティングの記録、実施証明証がそれぞれ必要になります。
こちらはコンサルティングを受けたときにコンサルタントからもらいましょう。

一般訓練給付金の最新情報‐適用対象期間延長がさらに長く

以前から教育訓訓練給付金に対して適応期間延長制度というものがありました。

上述したように、職業訓練給付金は会社を退職して雇用保険に加入していなくても
1年以内であれば支給の対象者になりますが、適用期間延長をできる制度は

妊娠や出産によって1年以内に訓練を開始できない場合は
申請をすれば最大4年間延長できるといった特別処置をしてくれる制度でした。

妊婦

その制度が2019年1月から最大4年~最大20年まで延長されました!

これなら妊娠や出産を控えているかたも安心ですね。
20年あれば子育てがひと段落してからじっくり勉強することも可能です。

教育訓練給付制度が使えるオンライン英会話

さてここからは、お待ちかねの教育訓練給付金の対象となる講座を実施しているスクールの紹介をします。
スクールの中でもすべての講座が対象となるわけではないので気を付けてくださいね。

英会話

グローバル・コミュニケーションズ

グローバル・コミュニケーションズはオンライン専門の英会話スクールです。こちらでは2つの講座が教育訓練給付金の対象となっています。

対象となる講座は?

一般英会話中級コースとビジネス英会話上級コースが対象になっています。

いずれも訓練期間は6か月となっていて、レッスン時間の総数は100時間です。

対象となる講座の費用は?

一般英会話中級コース ビジネス英会話上級コース
費用合計(入学金等含む) 186,840円 186,840円
キャッシュバック 373,68円 373,68円
実質負担額 149,472円 149,472円

修了認定の要件は?

このスクールで職業訓練給付金の対象として認定されるには

レッスンの80%以上の出席率と終了時にインタビューテストというものがあり、そのテストで70点以上を取得することが必要になっています。

注意点としては、レッスンの振り替えはできないので、必ず指定の日時にそのレッスンを受講しなければなりません。

グローバル・コミュニケーションズ

ザジングルズ

ザジングルズは少し変わったスクールでして、英会話のネイティブの発音にするために矯正してくれるトレーニングスクールです。

科学的に開発された独自システムで舌や鼻の筋肉、肋間筋などを鍛えたり、呼吸法を改善したりするそうです。

ネイティブの発音には英語発音筋肉を発達させる必要があるのだそうです。
日本人には未発達な筋肉で、それゆえに流暢なネイティブの発音をするのが難しいらしいです。

こちらのスクールでは4つのコースが職業訓練給付金の対象になっていますが
そのうちオンラインに限定すると1つのコースが対象です。

対象となる講座は?

発音・リスニング  ザ ジングルズ国際コミュニケーションオンラインコースです。

受講期間は1年間です。

対象となる講座の費用は?

国際コミュニケーションオンラインコース
費用合計(入学金等含む) 271,327円
キャッシュバック 67,225円
実質負担額 204,102円


修了認定の要件に関しては、公式サイトに掲載がありませんでしたので
修了認定の要件は?

興味のある方は下記を参照して問い合わせしてみてください。

ザジングルズ

まとめ

今回掲載したオンライン英会話の職業訓練実施校に関しては、2019年版の最新情報を載せています。

職業訓練講座は毎年更新されるので、かつて対象になっていた講座でも今年は対象になっていない場合があるので注意が必要です。

詳しく検索したい方はこちらを参照してみてください。

教育訓練給付制度、厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム

それではみなさん、英会話を楽しんでいきましょう!