旅行で役に立つ英語のフレーズ

初中級 英会話

海外旅行をする場合、現地では日本語がほとんど通用しないと考えましょう。
言葉が通じないと相手と正確なコミュニケーションが取れず、想定外のトラブルが起きて旅行が台無しになってしまう恐れがあります。

旅行トラブル

ここでは海外旅行の際に覚えておくと良い英語のフレーズをピックアップしてご紹介します。

海外旅行のために少しでも英語を覚えておきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

空港や飛行機内で役立つ英語のフレーズ

空港での会話

旅行先に向かうには、基本的に飛行機を利用します。
国によっては他の国を乗り継いで移動することもあるので、空港や飛行機内では英語での対応が必要になる場合も多いです。

乗り継ぎの確認

飛行機の乗り継ぎをする際は、搭乗口の変更や時間に遅れがないかカウンターで確認しておくと安心です。

搭乗口の変更の確認

搭乗口に変更がないか確認したい場合は次のフレーズで聞いてみましょう。

「I’d like to ask you, are there any changes to the boarding gate of the flight?」
(お伺いしたいのですが、フライトの搭乗口に変更はありませんか?)

質問するとフライト番号を聞かれるので、チケットを見せるか番号を答えて対応しましょう。

飛行機の遅れの確認

フライトに遅れがないか確認したい時は、次のフレーズで質問してみてください。

「Is there a delay in the flight?」
(フライトに遅れはありませんか?)

この時もフライト番号を伝えて尋ねると良いでしょう。

飛行機内での会話

機内会話

飛行機内ではCA、あるいは周辺の外国人と会話する機会があるかもしれません。
その際に覚えておくと安心のフレーズをご紹介しましょう。

リクエストする時のフレーズ

機内でドリンクやブラウンケットなどをリクエストする場合は、「Can I have ○○?」のフレーズに欲しいものを付けましょう。

例えば、ブランケットであれば、「Can I have a blanket?」となります。

良く使う単語としては、次のものが挙げられます。

・a pillow(枕)
・some water(水)
・green tea(緑茶)
・black tea(紅茶)
・a newspaper(新聞)

また、CAがドリンクサービスに回ってきた場合、お願いする時は「Yes, please.」と答えます。
欲しいドリンクを要求する際は「ドリンク名+please.」で伝えられます。

周囲の人に話しかける時

シートを倒す際やトイレに行く際、周りの人に話しかけなければならないケースがあります。

シートを倒したいと後部席の人に伝えたい場合は、
「May I recline my seat?」と話しかけましょう。

「May I +動詞」は、許可をもらう際に使用するフレーズです。
「Can I」よりも丁寧なフレーズなので、初対面の人と話す時に活用してみてください。

また、トイレに行きたい時など席を立つ際は、
「Excuse me, May I get through?(すみません、前を通ってもいいですか?)」と応用できます。

入国審査での対応

入国審査

入国審査では、滞在目的と期間、ホテルなど滞在先を質問されます。

パスポートの提示

「May I see your passport?」や「 Passport, please.」と言われた場合、パスポートの提示を促しています。

この場合、無言で出すよりも「Here you are.(どうぞ)」と一言言って出した方が良い印象を与えます。

滞在目的の回答

「What’s the purpose of your visit?」と聞かれた場合、滞在の目的を聞かれています。

この場合、観光目的なら「For Sightseeing.」と答えましょう。
海外出張であれば、「For」の後に「Business.」と付けて応用できます。

また、「Where are you coming from?」とどこから来たか尋ねられた際は、「From Japan.(日本から来ました)」と答えれば大丈夫です。

滞在期間の回答

「How long will you stay here?」と聞かれた場合は、滞在時間を質問されています。

2日間の滞在であれば、「I’ll be here for a two day.(ここに2日間滞在します)」と答えてみてください。

1週間の場合は「two day」の部分を「week」、1ヶ月間なら「month」に変えれば伝わります。

滞在先の回答

「Where are you going to stay?」と聞かれた場合は、滞在先を聞いています。

ホテルに滞在する際は、「Stay at ○○ Hotel.(○○ホテルに滞在します)」と回答してみましょう。

ホテルを利用する際に役立つ英語のフレーズ

ホテルのフロント

ホテルを利用する際はチェックインの時や荷物を預けたい時に会話が発生します。

チェックイン時

フロントでチェックインをする際は、「I’d like to check-in.(チェックインをしたいのですが)」と伝えます。

そうすると、「Of course. Could you please give me your name?」という風に名前を尋ねられるので、「My name is」のフレーズで名前を告げましょう。

荷物を預ける場合

チェックイン時間よりも早く到着した場合など、ホテルで荷物を預けることが可能です。

その際は、「Could you please keep my baggage?(荷物を預かってもらえますか?)」と伝えて預けてください。

観光シーンで役立つ英語のフレーズ

観光

現地に到着したら、いよいよ旅行の醍醐味である観光やショッピング、食事などを楽しむ時間です。

移動やショッピングをする時、食事に行った時も色々と英語で会話する機会があるので、よく使うフレーズを覚えておきましょう。

交通機関を利用する時

旅行ではタクシーやバスなどの交通機関を利用しますが、その際に行き先を伝える必要があります。

その場合は、「Can you take me to ○○?」というフレーズを用いれば、どこまで行きたいのかお願いできます。

場所を知りたい時

観光中に案内所やトイレなどの場所を人に尋ねたい時もあるでしょう。

そんな時は「Where is ○○?」というフレーズか用いてみてください。
観光案内所であれば「 the tourist information center」、トイレであれば「 the bathroom?」というフレーズで伝えられます。

また、「I’d like to go to ○○.(○○へ行きたいです。」や地図を見せながら「Could you tell me where it is?(ここまで行く道を教えてください)」というフレーズも覚えておくと良いでしょう。

いきなり話しかけると驚かれるので、「Excuse me.(すみません)」と一声かけることも忘れないようにしてください。

ショッピング

ショッピング

ショッピングの際は値段を確認や試着したいと伝えたいことがあるでしょう。

値段を聞きたい時は、「How much is this?」で質問すれば伝わります。
試着したい時は「Can I try this on?」と店員に尋ねてみてください。

食事

食事の際はオーダーや会計の際に会話が発生します。

メニューのオーダーをお願いする際は、「Could you take my order?」と伝えてください。
食べたいメニューを伝える際は、「I’ll have ○○.」と料理名を入れれば注文できます。

メニュー表や写真を指しながら伝えれば、オーダーを間違えられるリスクを減らすことが可能です。

また、レストランではテーブル会計がスタンダードなので、スタッフに「May I have a check, please(会計お願いします)」と伝えて、その場で支払いを済ませてください。

旅行前にオンライン英会話で勉強がおすすめ

もっと英語が話せれば、海外旅行に不便を感じずより楽しい時間を過ごすことができます。
しかし、英会話に通う時間がなかなかないと悩む方は多いでしょう。

そこでおすすめなのが、オンライン英会話になります。
パソコンやスマホなどオンライン上で英会話を学べるので、自宅で気軽に英会話力を鍛えることが可能です。

普段忙しい人もオンラインなら暇を見つけて勉強できるので、コツコツ続ければ上達までそう遅くはありません。

海外旅行を充実させたい方は、オンライン英会話を活用してみてください。

集まり

今回は旅行で役立つ英語のフレーズをいくつかご紹介しました。

ご紹介したフレーズを覚えておけば、コミュニケーションを取ることの不安は和らぐことでしょう。

もっとペラペラに話したいのであれば、オンライン英会話でスキルを磨き上げてみてください。
今は色々なオンライン英会話サービスがあるので、比較して自分の合ったサービスを見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。