英語のスモールトークとは?外国人との会話で困らないための例文を紹介!

スモールトークってなんでしょうか?

スモールトークとは、ちょっとした世間話や雑談の事を言います。

こういったスモールトークは日本語でも大事ですが、英語でも大事ですよね。

上手にスモールトークが出来ると、知り合った人と仲良くなったり、ビジネスの関係を円滑に出来たりします。

そこで今回は英会話でのスモールトークについてご紹介します。

初対面の外国人とも会話が弾むネタも紹介しますので、最後まで読んでくださいね。

スモールトークとは?英語と日本語でのマナーの違い!

日本人と知り合うときや、仲良くなっていくとき、あなたはどんな話をするでしょうか?

年齢や交際、結婚ステータスなど、個人的な話をする事もあるでしょうし、日本人なら年齢の話をする事が多いかもしれませんね。

これは日本では、たとえ多少の年齢差であっても、相手が年上かどうかで接し方や言葉遣いをかえる習慣があるために起こる事なので、日本では受け入れられるでしょう。

しかし、英語でスモールトークをする場合、最初からプライベートな事を聞くのは、場合によっては失礼に当たります。

特に日常会話でもビジネス英語でも、年齢を聞くことはあまりありません。

では、英語ではどんなテーマでスモールトークをすれば良いのでしょうか?

一番トラブルにならないのは、プライベートや個人的な事がほとんど関係無い話ですね。

たとえば天気の話などが英語のスモールトークの鉄板と言えます。

そのほか、相手が身につけている物をさりげなく褒めたりするのも好まれます。

ちなみにプライベートなことでも、家族構成や趣味などについて軽く聞くのはOKだとですし、誰もが知っているニュースやドラマについての話なども大丈夫でしょう。

といっても線引きが難しいので自分から話を振らない方が無難かもしれません。

ということで、今回はそんなスモールトークの定番テーマの中から誰にとっても安全な「天気の話」と「今日の話」の二つに絞って使えるフレーズを紹介しましょう。

英語のスモールトークで使える話のネタを例文付きで紹介!

それでは、英語のスモールトークで使える以下の2つの話のネタを、例文付きで紹介しましょう。

  • 天気の話
  • 今日の話

これら2つの話題を英語で話せれば、スモールトークに困る事は無くなるはずです。

それぞれ詳しく見てみましょう。

天気の話

英語のスモールトークで一番定番のテーマは天気の話ですね。

良い天気でも、悪い天気でも天気についてはコメントしやすいです。

天気に付いてのスモールトークは、日常生活でもビジネスシーンでも、そして全く知らない相手でも気軽に話せるテーマなので、会話のシミュレーションをして練習しておくといいですよ。

それでは、いくつか天気についての、使えるフレーズを紹介しましょう。

天気が良い日

  • It’s great weather today,isn’t it?(今日は良い天気ですね。)
  • We have lovely weather today.(今日は良い天気ですね。)
  • It’s a sunny day today.(晴れていますね。)
  • It’s a beautiful day,Isn’t t?The sun is shinig.(今日は素晴らしい日ですね。太陽が輝いています。)

こうしたフレーズから始めて、どんな天気が好きか?こんな天気の日には何をしたいか、最近の天気はどうだったのか?など会話を広げていきます。

たとえば、天気が良くてピクニックをしたい気分なら「It’s a great day for picnic.(ピクニックに良い日ですね。)など言えますよね。

このあたりは定番フレーズというものはありませんから、会話の流れに合わせて、天気の話を膨らませていきましょう。

天気が悪い日

  • Sadly,the weather is gloomy today.(悲しい事に、今日は天気がどんよりしていますね。)
  • It’s raining so hard!(すごく雨が降っていますね。)
  • Lately,it’s been really cludy everyday.(最近毎日曇っていますね。)
  • It looks like rain.(雨が降りそうですね。)

天気が良い日よりも、悪い日の方が会話は広げやすいかもしれませんね。

例えば雨が降りそうなら、「傘持ってきた?」なんて会話も出来ますからね。

気温に関するコメント

  • It’s really hot today!/It’s really cold today!(今日は本当に暑い日ですね/今日は本当に寒い日ですね。)
  • It’s a bit chilly outside.(外は少し肌寒いですよ。)
  • It’s windy today.(今日は風が強いです。)
  • It’s really humid here.(ここは本当に温度が高いです。)
  • I miss summer.(夏が恋しいです。)

天気が良い悪いかよりも、気温などに関する話の方がしやすいかもしれませんね。

気候についての好き嫌いの話も出来ますし、暑くて汗をかいている、寒いからマフラーが必要など、そういうコメントもしやすいと思います。

今日の話

あまり親しくない人とのスモールトークでは、天気の話から入るのがオススメです。

しかしそれだけでは会話が続かないこともあるでしょう。

また状況によっては、天気の話が適してないこともあるはずです。

そんなときは、今日の事を聞いてみてはいかがでしょうか?

あまりプライベートな事に突っ込みすぎず、軽く聞くのがコツですよ。

ということで、会話例をご紹介しますので、是非覚えてくださいね。

今日どんな日だったかを聞く

  • A:Hi,how are you doing?How was your day?(やあ、元気?今日はどうだった?)
  • B:Hey,i’m doing well.It was a great day today.(やあ、元気だよ。今日はとても良い日だったんだ。
  • A:Was it?What happened?(そうなの?何があったの?)

上記の例では良い日と言ってますが、実際の会話では、忙しい日だったり、普通の日だったりもします。

また「あなたはどうだったの?」と質問で返される場合もありますよね。

こういったスモールトークで会話が弾んでいくということでしょう。

仕事の後の予定を聞く

  • A:The day is almost over!(もうすぐ一日が終わるね!)
  • B:Yeah,it was busy day,wasn’t it?(うん、忙しい一日だったね。)
  • A:Indeed.What are you doing after work?(確かに。仕事のあとは何をするの?)
  • B:I’ll go straght back home.I can’t wait to take a nice shower!(まっすぐ家に帰るよ。良いシャワーを浴びるのが待ちきれない!)

ちなみに、仕事のあとに何も予定が無いといわれて、「じゃあ一杯どう?」なんてこともよくありますよ。

まとめ

今回は英語でのスモールトークや使えるフレーズについて紹介しましたが、上手にスモールトークは出来そうですか?

英会話では、日常会話だけでなく、ビジネス英語でもとても重要になるスモールトーク。

最初のとっかかりとして、まずは天候の話、そして今日の話として見て下さいね。

そこからバリエーションを増やしていきましょう。

簡単なフレーズなので丸暗記してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。