ネイティブが使う英語の「イケてる!格好いい!」を表す言葉を徹底紹介!

日本語の意味で「超格好いい」「めっちゃイケてる」というような表現で、英語のスラングでカジュアルな「格好いい」「イケてる」というにはなんて話したらいいんだろう?

日本語でも沢山の「格好いい」がありますが、英語でも勿論色々なスラング表現がありますよ。

そこでネイティブのアメリカ人が日常会話で使っているスラング表現の中から厳選してご紹介しましょう。

英語で「カッコいい」「イケてる」を表す言葉

色々な英語のスラングがありますけど、どんな表現なのかは気になりますよね。

早速ご紹介しましょう。

初級日常会話~

まずは、一般的な日常会話で使われている基本的な「格好いい」「イケてる」と言う意味の言葉をみてみましょう。

・nice

日本でいう「ナイス!」ですが、これスラングなのか?って思っちゃいますよね。

実はniceは「素敵な」という一般的な意味の他に、日常会話でも「イケてる」「格好いい」というニュアンスで、時と場所を選ばず、年齢や性別、人種を問わず色んな場面で使える万能な言葉です。

言い方の強弱により「ああ、いいじゃん」から「めっちゃイケてるじゃん」という具合にニュアンスを変えやすいのも特徴!

I found a rug that matches our curtains.(うちらのカーテンにあう絨毯見つけた)

That’s Nice!(格好いいじゃん!)

・amazing

amazingも「素晴らしい」という意味で、日本人もよく知っている単語と言えますね。

スラングとしても日常会話では結構使われますよ。

niceよりもさらにイケてて「とても格好いい」というニュアンスで使われます。

I didn’t know your taste,so I hope you like it(好みが分からなかったから、気に入ってもらえるといいけど)

It’s amazing!(超イケてるよ!)

・cool

 

「クール」はもう日本語としてお馴染みですよね。

元々は涼しいって意味合いなんだろうか?

coolも日常会話で時と場所を選ばず、年齢、性別、人種を問わす幅広い場面で使える単語です。

元々は1950年代に生まれたスラングですが、現在でも活躍するスラングですね。

Whick one do you like?(どれがいい?)

I think that one is really cool.(あれが格好いいと思う!)

・hot

クールの次はホットです。

もはや日本語として使われている有名な単語ですよね。

hotは「おしゃれで格好いい」「話題の」という感じで使われています。

「セクシーな」という意味でもhotは使われますよ。

He just looked at me!Did you see that?(彼、今わたしのこと見てたけど!見てた?)

Oh my god,he is so hot.(オーマイガー、彼、ホントに格好いいわ!)

 

ストリート会話編

それでは基本が分かったところで、次はアメリカのストレートトークや仲の良い友達同士の会話で使える「超カッケー」のスラングをご紹介しましょう。

・fly

本来の意味は「飛ぶ」ですけど、スラングでは「格好いい」という意味で使われます。

「空を飛ぶぐらい格好いい!」「ぶっとんでる」という所から来てるそうですが、イメージはわかりますよね。

flyのニュアンスは「オシャレで格好いい」という感じで、ファッションや見た目の事に関して使われる事が多い「格好いい」の代表的スラングです。

Hey look,I got new kicks.(見て、新しいスニーカー買ったんだよね)

Oh,they are so fly!!(うわ、超格好いいじゃん!)

 

・bad

バッドって日本でいう「悪い」っていう意味じゃないの?って思っちゃいますよね。

ですがスラングでは「超イケてる」という意味で使われる事もある表現です。

ニュアンスは「センスが良い」「無骨な格好良さ」と言った感じですね。

Is this your ride?It’s so BAAAD!!(これお前の車!めっちゃ渋いじゃん!)
また他にも女性に対しても使う事が出来ますよ。
「セクシーで大人の雰囲気を漂わせている女性」が対象で、日本でいう「小悪魔系」「イケナイ女性」という風なニュアンスになります。
Yo,look at that girl over there.She is BAAAD!(おい、あの娘見てみろよ、超セクシーだな)
Yeah,she is pretty BAD!(おう、かなりセクシーだな)

・tight

日本語でいうと「タイト」ですね。

ピッタリみたいな意味で使われますが、「キツい」という意味もあり、これも「イケてる」という意味で使われる言葉の代表格です。

スラング的には「かっちりハマっていて格好いい」というニュアンスで使われますね。

スーツをビシッと着こなしてる時などに使いますよ。

Yo,how was my speech?(ねえ、俺のスピーチどうだった?)

That was tight.(カッコ良かったよ)

 

・dope

こちらもストリートトークではとてもよく聞く「超格好いい」という言葉ですね。

dopeは「感動するほど格好いい」「尊敬の念を抱いてしまうような」格好良さのものに対して使うのに最適です。

日本語でいうと「趣が深い」というニュアンスをカジュアルにした表現になりますよ。

This burger is insanely dope.(このハンバーガーヤバすぎる!)

Yeah,this is definitely the best joint in the city.(うん、間違いなくこの店が町で一番だね!)

 

・sick

こちらは一般的には「病気にかかった」という意味ですが、スラングでは「格好いい」となります。

病的に格好いいみたいなかんじのニュアンスですね。

ストリートではとても良く耳にする表現ですよ。

Check this out.New Jordan.Not even ou yet.(見ろよ、新しいエアジョーダン、まだ発売されてないぜ)

Siiiick!!!(カッケー!!)

 

・gnarly

“ill”や”sick”のニュアンスと近い言葉で、とにかく「ヤバイ」という意味で使われるスラング表現です。

良い事、悪い事どちらにも使える表現ですね。

Hey this tacos is so gnarly dude.(お前、このタコス超イケてるんだけど!)

・Popping

一般的には「弾けてる!」という意味ですね。

そこからpoppingはスラングで場所やイベントなどが「賑わっていてイケてる」「いい雰囲気で格好いい」となります。

How was the energy at the club last night?(昨日クラブどんな感じだった?)

It was really popping!You shoulda come through.(超イケてたよ!これがよかったのに)

 

まとめ

「格好いい」「イケてる」という意味の英語の表現をまとめてみました。

実際どれもアメリカの日常会話では本当に良く使われているスラングになりますよ。

このような言い回しを覚えておくと、表現力の幅が広がるので気に入ったのがあれば是非使って下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。