スラングを学習するメリットと注意点は?無理に使わない方がいい?

英会話学習は「習うより慣れろ」の世界だと言われていますが、教室に通ったり、教材を使ったりして学習する事は、間違いなく効果的・効率的な英会話の学習方法です。

しかし、学習を通して身につけた英会話能力だけをもって、ネイティブとの会話を問題無くこなせるようになる訳ではないというのも、また事実です。

今回紹介する「スラング」は、教室や教材ではなかなか学ぶ事ができない英会話の要素の一つです。

スラングとは、同じ環境や集団に身を置く人の間で、用いられる砕けた言葉・表現の事ですよ。

英語で自然なコミュニケーションが取れるようになりたいのなら、スラングへの理解は必須です。

今回はスラングを学ぶメリットと注意点を解説しますので、どうすればいいのかを考えてみましょう。

スラングを学習するメリットと注意点!

スラングには、大きく2種類あります。

1つ目はある単語を本来の意味とは違う意味合いで使う物、そして2つ目は、新しい単語を造語をして使う物ですね。

スラングはいわゆる俗語なので、もしかしたら汚い言葉のようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、「言葉は生き物」と言われるように、常に変化していく物です。

ネイティブの生の英語を理解するためには、教科書で勉強するだけでは足りず、スラング表現も知っておく必要がありますね。

スラングは地域によって異なりますし、年代などによっても変わってきます。

今回はスラングを覚える前段階として、スラングを学習する3つのメリットと、スラングに関して気をつけることを2つご紹介します。

メリット①スムーズな英会話が行えるようになる

スラングを学習する1つ目のメリットは、スムーズなコミュニケーションが行えるようになる事です。

スラングは、言葉を省略したり、表現を簡略化することによって、同じ集団にいるモノ同士のコミュニケーションを円滑にする役割を担っています。

また、スラングの中には、日常会話における定型句となっている表現が多いため、イチから組み立てたり、相応しい表現を探したりする手間が省けるという意味でも流暢な英会話には欠かせません。

メリット②仲間意識をもってもらえる!

スラングは、相手が仲間・身内であるかどうかの確認、あるいは自分が仲間・身内である事のアピールとして使われる側面があります。

特にカジュアルな場では、この「仲間意識」を相手に持ってもらえるかどうかが、友好的なコミュニケーションが成立するかどうかに大きく関わってきます。

外国への移住や海外旅行、外国人の友達を作る等の目的の為に英会話を学んでいる人にとっては、「仲間意識」を持つことが、スラングを学習する一番大きなめりっとかもしれませんね。

メリット③海外の映画や音楽を理解しやすくなる

大衆文化として親しまれている映画や音楽などのエンターテイメントは、スラングとは切っても切れない関係にあります。

ヒップホップの歌詞や、映画の日常会話シーンなどには、スラングが頻出するため、スラングを理解することができれば、そういった海外作品をより楽しめるようになります。

「外国人と交流するためというよりは、海外のコンテンツを視聴するために英会話を学びたい!」という人にも、スラングを学習するメリットがありますね。

注意点①TPOに注意!

スラングに関して一番きをつけなければならないのが、スラングを使うときと場所、場合(TPO)です。

日本でも、「マジ」「ヤバイ」などの俗語を改まった場所では使わないのと同じように、スラングをビジネスシーンなどのフォーマルな場で使用してはいけません。

また、それぞれのスラングには、「砕け具合」や「卑俗度合」のようなものがあるため、会話相手との関係や親密度によっても、使用していいか言葉が変わります。

スラングはコミュニケーションを円滑にする便利な表現ですが、TPOを考えず、みだりに使用するのは控えましょう。

注意点②微妙なニュアンスに注意!

「翻訳された言葉は、翻訳前の言葉と完全に同一だとは言えない」という問題は、スラングに限った話しではありません。

しかし、価値観を共有する集団の中で培われたスラングは、「翻訳から漏れるニュアンス」を特に多く含んでいて、日本語訳だけをみて使うのは避けた方がいい表現が数多く有ります。

「これぐらいの親しさの相手に、これぐらいの感情を持ったときに、この言葉を使う」といったネイティブが感覚的に判断して使い分けていることを、非ネイティブが一朝一夕で身につけるのは難しいと言えるでしょう。

まとめ

今回は教材などで学ぶ事が難しい、英語のスラングについての注意点やメリットをご紹介しました。

スラングを学んでおくと、ネイティブと親密な関係を築けたり、海外のコンテンツが理解しやすくなったりと、様々なメリットがあります。

ただし、スラングはあくまでも砕けた表現であり、なかには卑俗な表現を含んだ物もありますので、スラングを使う場合は話し相手、そしてTPOには十分気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。