英語で「最高!」の意味をもつ基本英語と使えるスラングを紹介!

日本語の「最高」って言葉は、色々なニュアンスで使う事が出来る便利な言葉ですよね。

日本語の最高!って意味の言葉だけでも沢山種類がありますが、英語ではどう表現するのか?

今回はどう最高なのかをわかりやすいように色々な表現で使える英語の基本から、スラングをご紹介しましょう。

ネイティブがよく使う「最高」の基本英語と使い分け

英語で「最高!」という意味で使える表現は結構あります。

まずは基本的な類似表現をご紹介しましょう。

great(グレイト)

誰もが知っている表現でしょう。「good」よりも更に強調した「本当に凄い」みたいな意味で使われますよね。

例文:相手 I passed the exam.(試験に受かりました。)

あなた Wow!That’s great!(わー、よかった。最高だね!)

強調しすぎてもいないですし、わざとらしくない場面でも使えますよ。

amazing(アメイジング)

「great」と同じように「本当に凄い、素晴らしい」という意味ですが、「驚くような」「びっくりするような」というニュアンスが含まれていて「最高!」の意味が更に強い表現になります。

例:That’s an amazing view.(最高の景色です)

How amazing!(なんて最高なの!)

How amazing!などの感嘆文で「最高」を表現しています。

perfect(パーフェクト)

「完ぺき」という意味で使われますが、「最高!」と言う意味にとても近い表現です。

仕事を頼んだ時に、望んでいた状態かそれ以上に仕上げてくれた時の褒め言葉としても使えますよ。

例:You did it perfect.(最高だったよ。)

Your presentation was perfect!(あなたのプレゼンは最高だったよ)

wonderful(ワンダフル)

これも「素晴らしい」という意味です。

「驚くべき」「驚嘆すべき」という意味もありますね。

日本語でもよく使うので、イメージは掴みやすいですよね。

例:You have a wonderful voice.(最高の歌声だね)

He is just wonderful.(彼はただただ最高です)

少し控えめの「最高」って感じですが、一般的によく使われますね。

beautiful(ビューティフル)

日本では「美しい」という意味でなじみ深いですが、単に「美しい」だけじゃなくて「申し分が無い美しさ」「非の打ち所が内美しさ」見たいなニュアンスがあり「最高に美しい」という意味でも使えますよ。

例:相手 Do you know she is Jacob’s firlfreind?(彼女はジェイコブのガールフレンドだって知ってた?)

あなた No way! She is too beautiful.(まさか!最高過ぎるでしょ!)

excellent(エクセレント)

「素晴らしい」「優秀な」という意味で使われる表現で、満足や賛成などの意味で「最高!」と同じようなニュアンスで使う事ができます。

例:相手 What do you think  of this plan?(この計画どう?)

あなた Excellent!(最高!イイと思うよ)

fantastic(ファンタスティック)

「素晴らしい」「非常に優れた」という意味で使われる形容詞で、これも主に褒め言葉として使われる表現ですね。

「fantastic cook 」で料理名人、「 fantastic idea」で素晴らしいアイディアなど、様々な名詞とあわせて使える表現ですよ。

例:相手 i’m the one who made this.(これは私が作りました)

あなた No wonder. Fantastic!(やっぱりね、最高です!)

unvelievable【アンビリーバブル)

「信じがたい」という意味の形容詞で、日本語としてもよく使われている印象がありますね。

テレビ番組でもありますし、馴染みある言葉だと思います。

「信じられないほど凄い!」という意味合いですね。

 

例:It’s unbelievable tha he succeededin his vusiness.(彼がビジネスで成功したなんて最高だね)

Such an unvelievable story!(とても最高の物語だね)

「最高」の英語のスラング!

それでは次にスラングとして使える「最高!」をご紹介しましょう。

友達同士などカジュアルな場面で使ってくださいね。

awesome(オーサム)

「素晴らしい」という意味の単語の中でも最上級の表現で、フランクな会話では「最高!」の意味で使います。

「great」よりも「最高!」のニュアンスが強いですね。

特にネイティブがよく使う表現で、若者が多く使う表現ですが、下品なイメージは無く幅広く使えますよ。

例:相手 Did you hear that Sam has been promoted?(ねえ、サムが昇進したって知ってた?)

あなた Really?Awesome!(本当!最高だね)

sick(シック)

本来の意味は「病気」なんですが、「ヤバイぐらい最高!」という意味で、使うスラングになります。

元々ネガティブなイメージがある表現で、かなりインフォーマルな表現ですね。

若者の友達同士で使う表現なので、積極的には使わない方がいいかも。

 

例:Yourcar is really sick.(めちゃくちゃ最高の車だね)

You sick!(あなたって最高!)

super(スーパー)

スーパーって聞くと凄いっていうイメージがありますよね。極上とかそういった意味で使われる感じですね。

英語のスラングでも「最高!」という意味で使われます。

 

例:相手 I arranged the meeting for you.(あなたの打ち合わせを調整したよ)

あなた Super! Thank a lot.(最高だね、ありがとう)

rock(ロック)

元々は「岩」という意味がある名刺ですが、同士だと「揺れる」「感動する」「凄い」という意味もあるんですね。

そこから「最高!」というニュアンスのスラングとしても使われます。

しかし「rock」はダイヤモンドや薬物、お金など、その他色々なスラングにも使われるので、注意して使いましょう。

 

例:He is totally rock.(彼は本当に最高だよ)

The song rocks.(その歌最高!)

epic(エピック)

本来の意味は「叙事的な」と言う意味で、演劇や映画などに対して多く使われる表現ですね。

この表現が,スラングだとawesomeと同じような「最高!」という意味で使われます。

SNSの投稿などで、素晴らしい、最高などの意味でよく使われる表現の一つですよ。

 

例:That’s an epic movie.(それは最高の映画だね)

What an epic day!(なんて最高の日なんだ!)

まとめ

英語の「最高」にあたる表現はたくさんあります。

状況に応じてどんな「最高」なのかを使い分ける必要があるんですね。

ワンパターンに鳴らないためにも、スラングや色々な表現を使って英会話を楽しみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。